• 0745-69-0080

Diagnosis

☆コンピューター診断機の必要性☆

・故障箇所が特定可能!!

・部品交換後は診断機でリセットが必要!!

・最新の車両は診断機が必要不可欠!!

☆コンピューター診断について☆

●現代の車両は全て、車両に搭載しているコンピューターで各部品を制御しております。

車両の故障を知らせるエンジンチェックランプが点灯することにより車両に故障があることを知らせます。

診断機がなくても故障箇所の特定が可能な場合もあれば、不可能な場合も御座います。

診断機無しで故障箇所の特定が可能な場合であっても、その故障箇所の特定に時間がかかります。

そして、経験より故障の症状から故障箇所を判断し部品交換を行います。しかしそれが原因では無く、余計な部品まで

交換されてしまうケースもたたあることです。その作業時間と余計な部品を交換されてしまいますと技術料、部品代と

とても修理にお金がかかってしまう場合もよくあることです。

しかし当店のような最新のコンピューター診断機があれば迅速かつ的確に故障した部品の特定が可能となります。

コンピューターがあれば良いと言うものでも御座いません。診断機が有りそして経験と知識をいかし

各カーメーカーが発行している修理を特定するマニュアル、及びカーメーカーから発行されている部品の交換

マニュアルなどがあり、初めて完璧かつ的確に修理が可能となります。

又、部品交換後には交換する前にコンピューターが検知したエラーをリセットする必要も有ります。

エラーをリセットせずに放置すると、再び同じ部品が故障する場合が御座います。

そして、最近良く売れているハイブリット車両などのエコカーは、診断機がなければ修理が不可能な部品が

沢山装備されております。

当店で使用しているコンピューターは常に最新の車両情報を取得しております。

※特殊な国産車両、及び一部の外車で対応しない場合も御座いますので、御確認をお願い致します。

☆コンピューター診断機の特徴☆

●21メーカー標準対応
国産乗用車8メーカー、欧州車9メーカー、トラック4メーカーに対応。
データモニター機能、エンジン、トランスミッション、HV、ABS、エアバッグ、電動パワステなどのデータを数値、グラフで表示可能。
●作業サポート機能
HV車のブレーキエア抜き、整備モード、日産車の急速TAS学習、トラックのDPF強制再生、インジェクターID登録、欧州車のサービスインターバルリセットなどに対応。
●カスタマイズ機能
シートベルトの警告音やルームランプの設定時間などを変更可能。
●故障コードの読取、消去
P、B、C、Uコードの読取、消去が可能。全自己診断のスピードが飛躍的に向上。
アクティブテスト機能
パワーバランス、冷却ファン駆動、電動ウォーターポンプ駆動など各コンピュータに診断機から信号を送り、強制的にアクチュエータを作動、停止させることが可能。